本文へスキップ

月125円で週2回、子どもにサンマ(時間・空間・仲間)を。 マリーンキッズクラブは運動遊びの場を提供します。

                 

クラブの歴史HISTORY           2016.06.26 更新

平潟ジュニアバレーボールクラブ時代(1985年1月〜1995年8月)

1985年1月24日
●運動欲求のある平潟小学校女子児童が,学校外で仲間集団を作って継続
 的に全身運動を伴う遊 びをする機会を作るとともに,遊びの楽しさの
 魅力に引きずられ,諦め・許し・耐えて育つ自立と連帯をスポーツに求
 め『平潟ジュニアバレーボールクラブ(平潟JVC)』を設立。
1986年
●東鳩バレーボール教室参加。寄付金によりユニフォーム完成。
1987年
●県小学生バレーボール連盟加入。大会参加開始
1988年
●ライオンカップ県大会初進出
●クラブ歌『
平潟JVC唱歌』誕生(作詞作曲:大塚利恵S.S)
1989年
●チームバス購入。遠征・合宿開始。
1990年
●6年生14名中12名脱退
1991年
●『北茨城JVS』名でスポーツ少年団加入。スポ少バレー大会参加開
 始
●関東ブロックスポーツ少年団女子バレーボール交流茨城県大会3位
●茨城県スポーツ少年団バレーボール大会男女とも優勝
●ライオンカップ県大会女子3位,男子準優勝
●第1回いりうみ杯主催
1992年      
●スポ少登録名を『北茨城バレーボールスポーツ少年団』に改称
●関東ブロックスポーツ少年団女子バレーボール交流茨城県大会準優勝
ゆなごチームと交流富士登山
●第2回いりうみ杯主催
1993年      
●スポ少登録名を北茨城やわらかバレーボールの集いスポーツ少年団に改
 称
●第3回いりうみ杯主催(いりうみ杯開催目的達成)      
    
1994年
●宮本杯大会(福島県いわき市)3位

移行期(平潟JVCと平潟マリーンキッズバレーボールクラブ並行期
                      1995年9月〜1998年3月)

1995年
●より地域に根ざしたクラブ組織にするため,キャンディーバレーの3年
 生と地域有志によって『平潟マリーンキッズバレーボールクラブ』を設
 立し平潟JVCを発展的に解消することになった。
●県スポ少ジュニアリーダースクールに初参加(中学1年生9名・小学6
 年生1名)
1996年
●県スポ少野外活動大会に初参加(中学1年生9名・小学6年生9名)
●県スポ少駅伝大会に初参加(2チーム)
●市スポ少交流会に初参加(ゲームリーダー)
1997年

マリーンキッズ時代(1998年4月〜2015年3月)

1998年
●クラブ員の広域化に伴い,クラブ名称を『マリーンキッズバレーボール
 クラブ』に改め現在に至る。
◇第7回いりうみ杯主催(中学生の部創設)
1999年
●6年生6名全員脱退
2000年
●第27回日独スポーツ少年団同時交流派遣
6年生交流卒業旅行で富士山登頂

◇茨城県スポーツ少年団バレーボール大会中学生女子の部準優勝
◇茨城県ドッジボール協会主催大会に参加開始
2001年
6年生卒業旅行で富士山・上高地へ
●茨城県スポーツ少年団バレーボール大会中学生女子の部準優勝
2002年
山梨近県親善大会
2003年
第30回日独スポーツ少年団同時交流ドイツ団員受入れ
山梨近県親善大会

●スポーツ少年団登録人数72名
2004年
第35回関東ブロックスポーツ少年大会(茨城)
中学1年生山梨旅行

●第6回関東ドッジボール選手権大会
山梨近県親善大会

●スポーツ少年団登録人数100名
2005年      
第36回関東ブロックスポーツ少年大会(神奈川)
中学1年生山梨旅行
中学3年生山梨旅行
山梨近県親善大会
2006年      
●第33回日独スポーツ少年団同時交流派遣
第44回全国スポーツ少年大会(山形)
●第37回関東ブロックスポーツ少年大会(東京)
中学1年生山梨旅行
第15回いりうみ杯スポーツ交流大会
かいのきた交流大会
2007年
●第45回全国スポーツ少年大会(熊本)
第38回関東ブロックスポーツ少年大会(栃木)

●第1回ガールズドッジボール大会
かいのきた交流大会
2008年
●第35回日独スポーツ少年団同時交流派遣
第2回ガールズドッジボール大会

かいのきた交流大会
2009年
第36回日独スポーツ少年団同時交流受入
2010年
●第37回日独スポーツ少年団同時交流派遣
2011年3月11日14:46
●東日本大震災発生(3月11日14:46 震度7 M9)
かいのきた交流大会(開催中止)

潮音彩スポーツ少年団Marine Kids Club時代(2015年4月〜)

2015年 4月
●総合型地域スポーツクラブ「NPO法人潮音彩 レクスポ文化北茨城」の
 創設とそのスポーツ少年団運営事業「潮音彩スポーツ少年団」に移行。
2016年 4月
●常北陸上クラブ・関本バドミントンクラブが潮音彩スポーツ少年団に加
 入。